MENU

【バリ・インドネシア】おすすめの両替所!両替のやり方と注意点

2020 6/15
【バリ・インドネシア】おすすめの両替所!両替のやり方と注意点

Writer: Anna

☆おすすめの両替所!両替のやり方と注意点

旅行に行くときに気になるのが、両替の仕方や通貨のレートですよね。

両替をするなら、できるだけお得に済ませたいもの。

今回は、バリで両替するときに役立つ情報やおすすめの両替所をお伝えしていきます!

☆インドネシア通貨

バリの両替について話をする前に、まずはインドネシアの通貨について説明していきます。

– 通貨はルピア

日本は円という通貨ですが、インドネシアではルピアになります。

ルピアの表示は、IDRとかRpとなっています。

– 日本円とルピアのレート

旅行で重要になってくるのが、為替のレートです。

レートは、経済状況によって異なり、日々変動しています。

 

私が行ったときは、だいたい1円Rp128でした。

ということは、1万円を両替したら、Rp1,280,000と交換です。

桁数が多くてお金持ちになった気分ですが、そんなことはありません(笑)

☆どこでルピアと両替するべき?

バリではルピアが必要ですが、両替はいろんな場所で可能です。

ただし、場所によってはレートが悪かったり、計算をごまかされることがあるので気をつけましょう。

一番のおすすめは街の両替専門店ですが、以下、両替ができるところを説明していきます。

– 日本での両替はNG

バリだと言葉もわからないし不安…という気持ちもあって、日本で両替したくなることでしょう。

でも、日本でルピアに両替するのは絶対にやめておきましょう!!

 

日本の銀行や空港で両替をすると、バリの両替所と比べるとレートがめちゃくちゃ悪いからです。

バリでのルピアのレートが1円=Rp128だったら、日本だと1円=Rp80とかになります

衝撃ですよね⚡

 

現地と比べて、30%もレートが悪くなるということです。

1万円を両替するとなると、3,000円も損をしてしまうんです!!

– バリの空港

バリに着くと、空港なので両替所があります。

銀行と同じなので安心ですが、街の両替所と比べるとレートが少し悪くなります。

なので、全額ここで両替するのはやめて、ホテルまでのタクシー代くらいだけ両替しましょう。

– ホテル

泊まっているホテルによっては、フロントで両替もしてくれます。

すごく便利ですが、ホテルで両替するのも、空港と同じくらいレートがあまりよくありません。

どうしても両替しないといけないけど、街の両替所がすでに閉まっている…そんなときに利用しましょう。

– スーパーなどの両替所

バリには、スーパーやモールに両替所がある場合もあります。

こうした場所で両替するときも、レートが悪くなっているので、緊急の時だけにしましょう。

– 街の両替所

バリでルピアに両替するなら、この専門の両替所がおすすめです✨

レートもよく、お金をごまかしたりすることがありません。

 

クタやスミニャック、ウブド、サヌールといった観光地なら必ずあります。

あとでおすすめの両替所についてご紹介します。

– 怪しい両替所

観光地だと、バリでは怪しい両替所がたくさんあります。

ここでルピアに両替すると、お金をごまかされたりすることがあるので要注意!

 

こんなお店には気をつけること!

・お土産屋さんの奥で両替(専門でない)
・周りと比べてかなりレートがいい
・薄暗い店内であまりよく見えない

 

どれだけレートがよくても、専門でない両替所でお願いするのはやめましょう。

☆いくらくらい両替するべき?

さて、実際に両替するとき、どれくらい両替したらいいか悩みますよね。

参考までに、お伝えします。

– 1日1回1万円

高級なスパやツアーでお金が必要!という場合を除いて、バリ旅行ならこれくらいで両替するのがおすすめです。

一度にたくさん両替すると楽ですが、お札でパンパンになるとちょっと危険です。

 

なので、必要な額とプラスαくらいで両替しましょう。

目安は、1日1回1万円です。

あとは、たくさん使った日やたくさん余った日によって、次の日は調整していきます。

– 週末は両替レートが悪くなる

バリで両替をするときに気をつけてほしいのが、週末や祝日にはレートが悪くなる、ということです。

銀行が休みになり、為替取引がなくなるので、少しレートが悪くなります。

土日は両替しないように、前の日は少し多めに両替しておきましょう。

☆バリでの両替方法

バリで両替をするとき、どこで両替をしてもあまり方法は変わりません。

– 両替で必要なもの

両替で必要なのは、以下のものです。

・日本円
・パスポート
・ホテルの名刺

 

両替所によっては、申込書を書く場合があって、そこにパスポート番号や宿泊先を書く必要があります。

パスポートは、原本でなくてもコピーでも大丈夫です👍

 

ホテルの名刺は、基本的にフロントでもらえます。

タクシーに乗るときにも必要になることがあるので、数枚持っておきましょう。

– 両替手順

両替所に行ったら、日本円を両替したいと伝えます。

もし英語もできない場合は、お札を見せましょう。

 

申込書を渡されると思うので、必要事項を記入していきます。

・名前
・パスポート番号
・ホテル名や住所

たまにパスポートを見せてと言われますが、コピーでも大丈夫です。

 

申込書を渡すと、スタッフがルピアでいくらになるか電卓で見せてくれます。

桁数が多くなりますが、間違いがないようならOKと言いましょう。

両替前に、スマホで計算しておくのがおすすめ!

 

両替が終わると、ルピアとレシートを渡されます。

お札の枚数が多くなりますが、レシートに書かれている数字と合っているか確認しましょう。

あとでクレームをしても意味がないので、その場で確認すること!!

☆両替の注意点

バリで両替をするときに、お金を騙されたりしないための注意点です。

– 怪しい両替所には行かない

上記でも述べたように、専門店でないところには行かないこと。

お土産屋さんの奥にある両替所はアウトです。

また、すごくレートがいい両替所も気をつけましょう。

– 前もって計算する

ルピアは桁数が多くなるので、いきなり渡されるとちょっと混乱することがあります。

両替所には、お店の前や中にその日のレートが出ています。

スマホなどを使って、両替前に計算しておきましょう。

– 両替後すぐに確認

両替専門店であっても、間違いがゼロというわけではありません。

なので、ルピアをもらったら、その場で確認しましょう。

☆バリでおすすめの両替所

では、バリに行ったらどこで両替をするべきかをご紹介していきます。

以下の両替所は大手で、ウブドやクタなどであれば、支店もあって、レートもよく、詐欺などもないので安心です👍

– セントラルクタ両替所

バリで一番両替所が多いかなと思います。

本店はクタにあって、普通の両替だけでなく、ドライブスルーも可能です。

公式サイト▶▶Central Kuta

– ディルガハユ両替所

ディルガハユ両替所は、緑色の看板が目印✨

観光エリアに多く出店していて、レートもよく、おすすめです。

公式サイト▶▶PT. Dirgahayu

– BMC両替所(マスピン)

BMC両替所はこんな感じで、どこでも見つけやすい両替所です。

BMCは、別名「マスピン」とも呼ばれています。

 

ちょっと公式サイトが見にくいですが、載せておきます。

公式サイト▶▶Balimaspin

☆バリで両替をするなら…

バリに行くときに両替をするなら、空港でタクシー代くらいを両替すること。

街の両替所を使い、怪しい両替所は使用しないこと。

 

そして、キャッシングするときも銀行などのATMを使うようにしましょう。

無人のATMだとスキミングされたり、襲われることがあります。

 

おすすめの両替所や両替の流れを知っておくだけで、あまり心配しなくてすむようになります。

旅行前にしっかりと調べて、楽しい思い出を作りましょう♡

 

▼バリ空港から市内へ▼

あわせて読みたい
【バリ・インドネシア】空港からクタまでのタクシー料金は?流しの拾い方
【バリ・インドネシア】空港からクタまでのタクシー料金は?流しの拾い方Follow @lovequeseraseraWriter: Anna☆バリ空港からクタまでのタクシー料金こんにちは♡Annaです。 バリは、以前からずっと行ってみたい場所の一つで、私が2018年か...

 

 

ブログやノマドライフに関するご相談▶▶ブログやココナラで稼いでノマドになる方法



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

海外ノマドをしているAnnaです♡

とにかく旅行が好き!言語が好き!な感じで自由に生きてます。

詳しいプロフィールはこちらからご覧ください♡

コメント

コメントする

CAPTCHA