【こなれ英語】英語の色のイメージと色を使ったイディオム

英語の色のイメージと色を使ったイディオム

英語っておもしろくて、色を使ったイディオムがたくさんあるんですよね。

ネイティブはもちろん、そういう英語のイディオムを使うことが多々あるので、覚えておくと「??」にならなくてすみます◎

今回は、英語の色のイメージとイディオムについてご紹介していきます✨

Contents

☆Whiteがもつイメージとイディオム


白は=「純潔」「真実」「潔白」といったプラスなイメージです。

日本語と同じように、英語でも「汚れのない」とか「清らかな」という意味が含まれています◎

また、「悪意のない」とか「善意の」という意味もあります。

– white water=澄んだ水、急流

Gorkaのアイコン画像Gorka

I like white-water rafting.

Annaのアイコン画像Anna

僕は、(ボートなどの)急流下りが好きなんだ。

– white glass=透明なグラス

Youのアイコン画像You

I need a white glass for wine.

Annaのアイコン画像Anna

ワイン用の透明なグラスが必要だ。

– white paper=白書

Gorkaのアイコン画像Gorka

I have to create a white paper on tourism for my work.

Annaのアイコン画像Anna

仕事で観光白書を作成しないといけないんだ。

– white as snow=真っ白な・潔白

Youのアイコン画像You

Her skin is as white as snow.

Annaのアイコン画像Anna

彼女の肌は雪のように白い。

– tell a white lie=優しい嘘・罪のない嘘をつく

Gorkaのアイコン画像Gorka

I told a little white lie to co-worker the story he told me was funny.

Annaのアイコン画像Anna

[あなたの話面白いね]って同僚に嘘をついた。

– white elephant=大きくて扱いにくいもの・維持費が高い

Youのアイコン画像You

My mother gave me a vintage closet, but it’s just a white elephant.

Annaのアイコン画像Anna

私の母はヴィンテージのクローゼットをくれたけど、大きくて場所をとるだけだ。

– be in white terror=恐怖で真っ青になる

Youのアイコン画像You

When I saw a ghost, I was in white terror.

Annaのアイコン画像Anna

幽霊を見たとき、恐怖で真っ青になった。

– white as a sheet=血の気のない・顔面蒼白な

Gorkaのアイコン画像Gorka

You’re white as a sheet! What happened to you?

Annaのアイコン画像Anna

顔に血の気がないよ!何があったの?

– make one’s name white=汚名をそそぐ・雪辱する

Gorkaのアイコン画像Gorka

The politician had to make his name white about the bribery in the past.

Annaのアイコン画像Anna

その政治家は過去の贈収賄について、汚名を晴らさないといけなかった。

– show/raise/wave the white flag=降参する

Gorkaのアイコン画像Gorka

I will never raise the white flag.

Annaのアイコン画像Anna

僕は絶対に降参しない。

☆Blackがもつイメージとイディオム


黒=「不吉」「死」「悲哀」「失望」「不名誉」などを表します。

日本語でも英語でも、黒はネガティブイメージがあり、黒色で表現されたら悲報かなと考えてもだいたい合っているかと思います。

例外としては、”into the black”で「黒字」で、いい意味をもちます◎

– black out=失神する・停電する

Youのアイコン画像You

I blacked out at the sight of blood.

Annaのアイコン画像Anna

血を見て失神してしまった。

– Black Maria=護送車

Gorkaのアイコン画像Gorka

The prisoners were transported to another jail in a Black Maria.

Annaのアイコン画像Anna

その囚人たちは、護送車で別の刑務所に移送された。

– black augury=凶兆

Gorkaのアイコン画像Gorka

The fortune teller said that black augury may come to my friend.

Annaのアイコン画像Anna

占い師が凶兆が友達に起こるかもしれないと言った。

– blackmail=脅迫する

Gorkaのアイコン画像Gorka

My friend’s boss blackmailed him.

Annaのアイコン画像Anna

友達の上司が彼に脅迫した。

– black as coal=真っ黒の

Youのアイコン画像You

I left the oven for 30 mins and all the cookies were black as coal.

Annaのアイコン画像Anna

オーブンから30分離れて、クッキーが全部真っ黒になってた。

– black eye=目の周りが青黒い

Youのアイコン画像You

He accidentally hit his eye at the gym and got a black eye.

Annaのアイコン画像Anna

ジムでうっかり目をぶつけて、彼の目のまわりは青黒くなっている。

– get into the black=黒字になる

Gorkaのアイコン画像Gorka

The president succeeded in turning the company into the black.

Annaのアイコン画像Anna

その社長は、会社の黒字転換に成功した。

– black mood=とても憂鬱な気分

Youのアイコン画像You

My friend is in black mood because she lost her job.

Annaのアイコン画像Anna

仕事を失ったから、彼女はすごく憂鬱な気分だ。

– swear/prove black is white=黒を白と言いくるめる

Gorkaのアイコン画像Gorka

The president proved black was white.

Annaのアイコン画像Anna

その社長は、黒を白と言いくるめた。

– black sheep (of the family)=厄介者・よそもの・家族の恥さらし

Gorkaのアイコン画像Gorka

My brother is the black sheep of my family because he has never done anything at all.

Annaのアイコン画像Anna

今まで何も達成したことがない兄は、家族の恥さらしだ。

☆Grayがもつイメージとイディオム


灰色は、Gray hair=白髪という言葉もあるように、年配の方に関するイディオムや「経験もたくさんある」という意味があります。

ただ、なかには少しネガティブな要素も含まれることがあります。

– graybeard=老人・賢者

Youのアイコン画像You

What kind of person is graybeard?

Annaのアイコン画像Anna

どんな人が賢者なのか。

– gray experience=老練

Gorkaのアイコン画像Gorka

He has gray experience.

Annaのアイコン画像Anna

 彼は、円熟した経験がある。

– gray prospects=暗い見通し

Gorkaのアイコン画像Gorka

The president had gray prospects on the company.

Annaのアイコン画像Anna

社長は、会社に対して暗い見通しがあった。

gray with fatigue=青ざめた

Youのアイコン画像You

He turned/looked gray with fatigue. 

Annaのアイコン画像Anna

彼は疲労で、青い顔になっていた。

– very gray day=すごく気が重い日

Youのアイコン画像You

It’s very gray day for me.

Annaのアイコン画像Anna

すごく気が重い日だ。

– gray area=曖昧な・どちらとも言えない

Gorkaのアイコン画像Gorka

There was a gray area between personal and business expense in the report.

Annaのアイコン画像Anna

そのレポートには、個人支出か業務上の支出かわからない曖昧な部分があった。

☆Redがもつイメージとイディオム


赤は、「愛」「情熱」「興奮」「血気」といったイメージがあります。

日本語でもあるように、英語でも赤はアクティブな感じです✨

さらに、危険を示したり、赤字を表すこともあります。

– red as a beetroot=真っ赤な

Gorkaのアイコン画像Gorka

He made a big mistake and his face was red as a beetroot.

Annaのアイコン画像Anna

彼は大きな間違いをして、顔が真っ赤になった。

– in the red=赤字・借金してる

Youのアイコン画像You

The company went into the red again.

Annaのアイコン画像Anna

その会社は、また赤字になった。

– see red=激怒する・かっとなる

Gorkaのアイコン画像Gorka

She is good at making someone to see red.

Annaのアイコン画像Anna

彼女は、人を怒らせるのが得意だ。

– turn red=赤面する・紅葉になる

Gorkaのアイコン画像Gorka

The leaves in Japan turn red in the fall.

Annaのアイコン画像Anna

日本では、秋になると紅葉になる。

– see the red light=危険を感じとる

Youのアイコン画像You

I met a guy the other day and saw the red light.

Annaのアイコン画像Anna

この間ある男性に会って、危険を感じた。

– paint the town red=騒ぐ・はしゃぐ

Gorkaのアイコン画像Gorka

Now all the exams are finished and it’s time to paint the town red!

Annaのアイコン画像Anna

試験が終わったし、大騒ぎする時間だ!

– catch 人 red-handed=現行犯で捕まえる

Youのアイコン画像You

A girl was trying to sneak into a store and she got caught red-handed.

Annaのアイコン画像Anna

あるお店に盗み入ろうとしていた女の子を、現行犯で逮捕した。

☆Pinkがもつイメージとイディオム


ピンクは=「健康」「活力」「極致」 といったプラスイメージがあります。

元気あふれる感じで、時には女性に関するイディオムも出てきます。

– be pinky=快活な

Gorkaのアイコン画像Gorka

You can be pinky sometimes.

Annaのアイコン画像Anna

時々、快活になれるよね。

– in the pink=とても健康な

Gorkaのアイコン画像Gorka

Last time I met my mother, she was in the pink of condition.

Annaのアイコン画像Anna

前に母に会った時、彼女は健康だった。

– be tickled pink=とても喜ぶ

Youのアイコン画像You

She was tickled pink because she was chosen for leader.

Annaのアイコン画像Anna

彼女はリーダーに選ばれて喜んでいた。

– get the pink slip=クビになる

Youのアイコン画像You

There was a pink slip waiting for her at the office.

Annaのアイコン画像Anna

彼女は、会社で解雇通知を受けた。

– the pink of fashion=流行の粋

Youのアイコン画像You

He is dressed in the pink of fashion.

Annaのアイコン画像Anna

彼のみなりは、流行の粋を極めている。

– pink collar job=女性の多い業種

Gorkaのアイコン画像Gorka

Men rarely work in pink collar jobs.

Annaのアイコン画像Anna

男性が、女性の多い業種で働くのは珍しい。

– see pink elephants=幻覚を見る

Youのアイコン画像You

I saw pink elephants last night.

Annaのアイコン画像Anna

昨日の夜、幻覚を見た。

☆Purpleがもつイメージとイディオム

紫色は、日本語と似たような感じで「高貴」「豪華」「帝王」といったプラスイメージがあります。

ネガティブなイメージをもつときは、「仰々しい」「俗悪」という感じです。

– wear the purple=皇帝である

Gorkaのアイコン画像Gorka

The small man wears the purple.

Annaのアイコン画像Anna

その小さい男性が皇帝だ。

– with a purple passion=激しく

Youのアイコン画像You

She blamed her boyfriend of cheating with a purple passion.

Annaのアイコン画像Anna

彼女は彼氏の浮気を激しく責め立てた。

– be raised to the purple=帝位に就く

Gorkaのアイコン画像Gorka

Finally, the youngest prince was raised to the purple.

Annaのアイコン画像Anna

結局、一番若い王子が帝位に就いた。

– purple patch=美辞麗句/幸運な時期

Gorkaのアイコン画像Gorka

This really is a purple patch for the company.

Annaのアイコン画像Anna

これはまさに、会社にとって幸運な時期だ。

– marry into the purple=玉の輿にのる

Youのアイコン画像You

The poor girl married into the purple.

Annaのアイコン画像Anna

貧しい少女は、玉の輿にのった。

– be born to the purple=貴族に生まれる

Gorkaのアイコン画像Gorka

He had the misfortune to be born in the purple.

Annaのアイコン画像Anna

彼は不幸にして高貴の家に生まれた。

– go/turn purple with rage=怒りで顔が真っ赤になる

Youのアイコン画像You

His face turned purple with rage.

Annaのアイコン画像Anna

彼の顔が怒りで真っ赤になった。

☆Blueがもつイメージとイディオム

青色には、希望」や「忠実」、「優秀といったいいイメージもあれば、反対に憂うつ」や「わいせつといったネガティブなイメージもあります。

青色にいやらしいイメージがあるのは、日本語と違いますね。

ピンクは英語では健康的なイメージなので、Pink movieとは言わないように気をつけましょう!

– blue blood=名門・お金持ち

Gorkaのアイコン画像Gorka

The boy was born with blue blood.

Annaのアイコン画像Anna

その男の子は、お金持ちの家に生まれた。

– true blue=忠実な

Gorkaのアイコン画像Gorka

The president installed his true blue advisers to important posts.

Annaのアイコン画像Anna

社長は、信頼できる側近を大事な地位に配置した。

– blue jokes=下ネタ

Youのアイコン画像You

He always talks about blue jokes.

Annaのアイコン画像Anna

彼はいつも下ネタを言ってる。

– feel blue=落ち込む

Youのアイコン画像You

She’s feeling blue after she broke up with her boyfriend last week.

Annaのアイコン画像Anna

先週彼と別れてから、彼女はブルーになっている。

– blue film=ピンク映画

Gorkaのアイコン画像Gorka

Japanese blue films are popular in another countries.

Annaのアイコン画像Anna

日本のピンク映画は、他の国々で人気だ。

– blue Monday=憂鬱な月曜日

Youのアイコン画像You

It’s blue Monday again. I don’t want to work.

Annaのアイコン画像Anna

また憂鬱な月曜日だ。働きたくないなぁ。

– out of the blue=だしぬけに・突然

Gorkaのアイコン画像Gorka

The typhoon came out of the blue and I got all wet!

Annaのアイコン画像Anna

突然台風がきて、びしょ濡れになった!

– cry blue murder=金切り声で叫ぶ

Youのアイコン画像You

I cried blue murder.

Annaのアイコン画像Anna

金切り声で叫んだ。

– once in a blue moon=極めてまれに

Gorkaのアイコン画像Gorka

This kind of chance comes once in a blue moon.

Annaのアイコン画像Anna

こんなチャンスめったにこないよ。

– a bolt from the blue=青天の霹靂・寝耳に水

Youのアイコン画像You

The news hit me like a bolt from the blue.

Annaのアイコン画像Anna

そのニュースは全くの寝耳に水だった。

– the Blue Bird=青い鳥(幸福の象徴)

Gorkaのアイコン画像Gorka

I think it’s a sign like the Blue Bird.

Annaのアイコン画像Anna

それは幸福のサインだ。

☆Greenがもつイメージとイディオム


Green=「活気」「歓喜」といったいいイメージもあれば、「未熟」「嫉妬」といったネガティブなイメージもあります。

緑色は、若草のように生命力に満ちた若々しさ・伸び盛りの象徴と同時に、「若すぎる」→「世間知らずの」という感じになります◎

– greenhorn=初心者・だまされやすい

Gorkaのアイコン画像Gorka

You greenhorn should not talk such impertinence.

Annaのアイコン画像Anna

青いくせに生意気言うな。

– green youth=青二才・世間知らずの

Youのアイコン画像You

He’s a green youth.

Annaのアイコン画像Anna

まだ世馴れない青年だ。

– green with envy=羨ましがる

Youのアイコン画像You

My new bag made her green with envy.

Annaのアイコン画像Anna

私の新しいバッグが彼女に嫉妬心を与えた。

– as green as grass=青二才の・世間知らずの

Youのアイコン画像You

He is as green as grass.

Annaのアイコン画像Anna

彼は全くの青二才だ。

– the green-eyed=嫉妬に満ちた目・嫉妬深い

Youのアイコン画像You

When I saw a new high grade car parked at neighbor’s house, I was overtaken by green- eyed monster.

Annaのアイコン画像Anna

隣の家に駐車されている高級車を見たとき、急に嫉妬心に襲われた。

– give the green light=許可を与える

Gorkaのアイコン画像Gorka

The doctor gave him the green light to do some exercise.

Annaのアイコン画像Anna

医者は、彼へ運動することの許可を与えた。

– green thumb/fingers=園芸が得意

Youのアイコン画像You

My mother has a green thumb.

Annaのアイコン画像Anna

私の母は園芸が得意だ。

– green around the gills=顔色が悪い

Gorkaのアイコン画像Gorka

You look a bit green around the gills. 

Annaのアイコン画像Anna

顔色が悪いよ。

☆Yellowがもつイメージとイディオム


Yellow=「裏切り」「臆病」といったマイナスイメージがあります。

日本では活発・快活なイメージがありますが、英語ではそうしたイメージはほぼありません。

また、黄色信号で思い浮かぶ「注意」「要警戒」といった意味も、英語にはありません。*黄信号は「yellow」ではなく「amber」となる。

– yellow belly=臆病者

Youのアイコン画像You

The professor is yellow belly and he never said anything to students sleeping during the class.

Annaのアイコン画像Anna

その教授は弱気で、授業中に寝ている生徒に何も言ったことがない。

– yellow-bellied=腰抜け

Gorkaのアイコン画像Gorka

He’s yellow-bellied and he never takes actions.

Annaのアイコン画像Anna

彼は腰抜けで、何の行動も起こさないよ。

– yellow streak=臆病な性格

Youのアイコン画像You

What a yellow streak cat.

Annaのアイコン画像Anna

なんて臆病な猫なの。

– yellow journalism=内容を誇張した報道

Gorkaのアイコン画像Gorka

I’m sick of yellow journalism.

Annaのアイコン画像Anna

内容を大げさに伝える報道にはもううんざり。

☆英語の色に対するイメージを覚えておこう

色にもよりますが、英語と日本語ではそれぞれの色に対して反対のイメージをもつことがあります。

どんなイメージがあるのか覚えて、イディオムを使えるようにこなしていきましょう✨



▶▶初心者の方も大歓迎!英会話レッスン

あわせて読みたい
【英語勉強】おすすめの洋書14選☆読みやすくて英語学習にぴったり!
【英語勉強】おすすめの洋書14選☆読みやすくて英語学習にぴったり!【【英語勉強】おすすめの洋書!読みやすくて英語学習にぴったり】こんにちは!Annaです♡英語勉強をする上で、英語本ばかり読んでいる人も多いと思うんですが、ある程度...
あわせて読みたい
【オンライン英会話14社を徹底比較】スピーキングにおすすめ!無料体験あり
【オンライン英会話14社を徹底比較】スピーキングにおすすめ!無料体験ありオンライン英会話を徹底比較!おすすめ✨無料体験もありこんにちは、最近オンライン英会話にはまっているAnnaです♡コロナになってから在宅ワークも増えたし、仕事...
あわせて読みたい
【話せる英語】まずは慣れろ!英語が話せる人がしている6つのこと
【話せる英語】まずは慣れろ!英語が話せる人がしている6つのこと英語を話せるようになるには…?こんにちは、Annaです。最近「どうやったら英語を話せるようになるの?」とか「どうやって英語を勉強したの?」という質問をもらいます。...



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

海外ノマドをしているAnnaです♡

とにかく旅行が好き!言語が好き!な感じで自由に生きてます。

詳しいプロフィールはこちらからご覧ください♡

コメント

コメントする

CAPTCHA