【こなれ英語】「急いで!」は英語で?相手を急かしたいとき

「急いで!」は英語で?相手を急かしたいとき

今日のこなれ英語は…


Chop-Chop!

意味:急いで!



「急いで!」と英語で伝える方法ですが、実はいくつかあるので、定番の表現から口語表現までご紹介していきます👍

☆「急いで!」のカジュアルな英語表現

まずは、友達や子ども、パートナーに「早くして!」と伝えたい時のカジュアルな英語表現です。

・Come on!

“Come on!”は、状況によって意味が変わってきますし、言い方によってはキツく聞こえることもあります。

相手がとろい…ぐずぐずしているときに使うと、「何やってるの?早く!」という感じになります。


Gorkaのアイコン画像Gorka

I can’t find the key!

Annaのアイコン画像Anna

Come on! We have to leave NOW!

・Hurry up!

これはよく聞く英語表現ですよね。

カジュアルな関係なら、そのまま使うだけで相手の行動を促すことになります◎


Gorkaのアイコン画像Gorka

Hurry up, or we’ll miss the train.

Annaのアイコン画像Anna

I’m coming now.

・Be quick!

“Be quick.” とか”Quickly!”はカジュアルな英語表現でよく使われます。

ニュアンス的には、「早くしてねー!」という感じです。


Gorkaのアイコン画像Gorka

I’m almost ready.

Annaのアイコン画像Anna

Be quick!

・Shake it!

”shake”=「振る」という意味ですが、他にも「さっさとして!」、「早くして!」という意味もあります。

「体を振ってすばやく動く」=「急ぐ」というイメージするといいですね✨


Gorkaのアイコン画像Gorka

I went back to sleep.

Annaのアイコン画像Anna

Shake it, or you’ll be late for work.

・Make it snappy!

“snappy”は、「すばやい」とか「てきぱきした」という意味です。

”make it snappy”で、「早くして!」という英語表現になります。


Gorkaのアイコン画像Gorka

Make it snappy!

Annaのアイコン画像Anna

I am trying.

・Chop-Chop!

「早く早く!」、「急いで!」という英語表現で、よく映画で聞きます。

実際に使っている人も多いと思います◎


Gorkaのアイコン画像Gorka

Chop-Chop! I’m leaving now.

Annaのアイコン画像Anna

Wait a second.

☆「急いで!」の丁寧な英語表現

では、ビジネスや目上の人に「急いで!」と英語で言いたい時はどうしたらいいでしょうか。

・Could you hurry up, please?

”Could you~, please?”という丁寧な英語表現に“hurry up”を付けるだけで、伝えることができます。


Gorkaのアイコン画像Gorka

Could you hurry up, please? I have to get there by 10 AM.

Annaのアイコン画像Anna

The road is busy today, but I think I can make it.

・Could you rush it, please?

“rush”は、「急ぐ」という意味の動詞です。

”it”は、相手に急いでほしいと頼んでいることを指しています。


Gorkaのアイコン画像Gorka

Could you rush it, please? I’m in a hurry.

Annaのアイコン画像Anna

Certainly, sir.

・Could you please bring it out quickly?

”quickly”は、「すばやく」の副詞です。

”bring out”は「持って来る」という意味ですが、この部分はどんな言葉をいれても構いません。

言いたいことを伝えて、”quickly”を文末につけてみてくださいね。


Gorkaのアイコン画像Gorka

Could you bring it out quickly? I have to leave in 5 minutes.

Annaのアイコン画像Anna

Sure, sir. I’m sorry to keep you waiting.

・I would appreciate it if you could get back to me at your earliest convenience.

“I would appreciate it if you could ~”は、ビジネスでよく使う丁寧な英語表現です。

”get back to ~”は「~にあとで連絡する」、“at your earliest convenience”は「あなたのご都合がつく一番早い時に」という意味になります。


Gorkaのアイコン画像Gorka

I will contact you after talking with my boss.

Annaのアイコン画像Anna

I would appreciate it if you could get back to me at your earliest convenience.

・Could you please let me know as soon as possible?

“as soon as possible”は、「できるだけ早く」という意味の英語表現です。

”as soon as possible”の部分を、”asap”と略す人もいるので覚えておきましょう✨


Gorkaのアイコン画像Gorka

Could you please let me know as soon as possible?

Annaのアイコン画像Anna

I’ll let you know on Monday at the latest.

☆「急いで!」という言葉はよく使う

日常でも、よくこの言葉は使いますよね。

英語でなんて言うのかいくつか覚えておくと、英語がどんどん話せるようになります👍



▶▶初心者の方も大歓迎!英会話レッスン

あわせて読みたい
【英語勉強】おすすめの本23選!スピーキングやリーディング別
【英語勉強】おすすめの本23選!スピーキングやリーディング別【【英語勉強】おすすめの本!スピーキングやリーディング別】こんにちは!Annaです♡英語を勉強するときって「どの本がいいかな…」って探すと思うんですが、たくさんあ...
あわせて読みたい
【オンライン英会話14社を徹底比較】スピーキングにおすすめ!無料体験あり
【オンライン英会話14社を徹底比較】スピーキングにおすすめ!無料体験ありオンライン英会話を徹底比較!おすすめ✨無料体験もありこんにちは、最近オンライン英会話にはまっているAnnaです♡コロナになってから在宅ワークも増えたし、仕事...
あわせて読みたい
【話せる英語】まずは慣れろ!英語が話せる人がしている6つのこと
【話せる英語】まずは慣れろ!英語が話せる人がしている6つのこと英語を話せるようになるには…?こんにちは、Annaです。最近「どうやったら英語を話せるようになるの?」とか「どうやって英語を勉強したの?」という質問をもらいます。...



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

海外ノマドをしているAnnaです♡

とにかく旅行が好き!言語が好き!な感じで自由に生きてます。

詳しいプロフィールはこちらからご覧ください♡

コメント

コメントする

CAPTCHA