英会話

【英語で文化】大晦日を英語で説明しよう☆年越しそばから除夜の鐘まで☆

投稿日:12/29/2017 更新日:

Writer: Annaliese

大晦日って英語で何て説明したらいいのかな…

1年もあっという間で、もうすぐ大晦日ですね。
海外では、クリスマスの方が大事で大晦日やお正月はそこまで重視されません。

なので、海外の人からすると「???」なことがたくさんの日本文化。
そこで、今回は日本の文化について英語で答えられるようにしておきましょう☆

☆大晦日とは? = New Year's Eve

大晦日とは、一年の最後の日を意味する言葉。
ご存知の通り、12月31日が大晦日となります。

日本のほとんどの家庭では、大掃除から始まり、餅つきなどの新年を迎える準備をします。
それらを大晦日までに終わらせ、家族全員そろって新年を迎えます。

"Omisoka" means the last day of the year.
It is on December 31st in Japan.

Most Japanese families finish up all the preparations for the New Year by Omisoka including annual clean up/year-end cleaning and making rice-cake.
Then, families gather together to happily greet the New Year. 

 

☆年越しそばとは? = Year-crossing Soba

ちょうど年が明けるころ、家族そろって年越しそばを食べます。
除夜の鐘を聞きながら新年を迎えます。

細長いそばは、長寿の象徴。
新しい年の無病息災を願って、年越しそばを食べます。
この日の夜更けから、初詣のために神社に出かける人も多いでしょう。

On New Year’s Eve, the family, including the children, stay up until midnight to eat buckwheat noodles as year-crossing soba and toast the New Year at the stroke of the bell ringing in the New Year.
This is because it is said that the long and thin noodles symbolize the longevity.
And we wish each other good health throughout the New Year.
Many people visit shrines late at night to greet the New Year.

無料体験・割引券バナー

☆除夜の鐘とは?=  Bell on New Year’s Eve 

大晦日の深夜に、日本のお寺では108回の鐘を鳴らします。
108という数字は、人間の欲望(煩悩)の数に対応していると言われています。
一つ一つの鐘の音で108の煩悩を取り除くことで、新しい気持ちで信念を迎えることができるのです。

At Buddhist Temples in Japan, they ring the bells a total of 108 times at midnight of the last day of the year.
It is said that the number of 108 correspond to the number of human’s desires.
Every bell sound gets rid of our 108 desires so that we can start the New Year in refreshed feeling.

いかがでしたか。
日本の文化を英語で説明できるようにしておきましょうね☆
お正月編も、ついでにチェックしておくと勉強になりますよ!

【英語で文化】お正月を英語で説明しよう☆Part1☆お正月の飾り物編☆

 

▼国際恋愛や英語に関するご相談▼
こちらから♡

 

▼外国人彼氏を見つけよう♡女性は登録無料▼
世界最大級の恋愛・結婚マッチングサイト




-英会話
-, , ,

Copyright© ~Que Sera Sera~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.