海外旅行

【キューバ】ハバナの治安は?通貨&物価の情報もご紹介☆

投稿日:11/15/2017 更新日:

Writer: Annaliese

キューバの治安ってどうなの?通貨や物価は?

さて、いま海外に行くならキューバ!おすすめ理由7つ☆について、前回ご紹介しました!
今回は、もう少し詳しくキューバ情報をお伝えします。

2015年7月、アメリカとの国交が正常化したキューバ。詳しい記事はこちらへ。
それからというもの、キューバは人気の観光都市になっていますね。

いま、キューバ旅行を計画中で、治安や物価について知りたいという人も多いはず。
今回は、危険な場所やおすすめの治安対策方法をご紹介します。
ぜひご参考にしてくださいね。

☆キューバってどんな国?治安情報


  Photo Credit by @atn_cuba on Instagram

キューバといえば、青いカリブ海に囲まれていて、ビーチが美しい南国の明るいイメージ。
あなたは、他にどんなイメージを持っていますか。

ちょうど1年前に亡くなられたフィデル・カストロ前国家評議会議長や社会主義を題材にした映画やチェ・ゲバラが有名ですね。

気になるのが、キューバの治安。
キューバは治安がよく安全な国といえます。

外務省の危険情報では、渡航や滞在に注意を呼び掛けるレベル1の「注意喚起」さえも、出ていません。
ちなみに、強盗やスリが頻発しているブラジルは、レベル1。
他の中南米の国には、レベル1の渡航注意勧告や、レベル2やレベル3の渡航中止勧告がでています。

社会主義といえば、どのようなイメージがありますか。
独裁政治で閉ざされ、経済格差もあり、国民には自由がなさそうですよね。
旅行者は、犯罪のターゲットになりがちで、安心して旅行できないことが多いでしょう。

しかし、キューバは、観光で成り立っている国。
そのため、外国人に犯罪を犯した者には配給が止められるという罰則があり、治安が保たれています。
また、観光業にはインセンティブ制度をとりいれているのです。

どの国に行っても、スリや詐欺などに注意するのは当たり前。
それ以外は、治安がいいので旅行先としても安心できます。


   Photo Credit by @atn_cuba on Instagram

-危険情報

毎年6月から11月頃までハリケーン・シーズンのため、情報収集して注意をしてください。
必要な持ち物は、傘や雨具、タオル、履物を余分に持っていくこと。

外務省によると、ジカウイルスという感染症が南米で見られるようです。
街中であってもやぶ蚊には注意し、渡航前に黄熱予防接種を受けるようにしてください。
ジカウイルスが媒体となって、黄熱を発症してしまうからです。

綺麗なビーチに癒される▶▶バラデロ 日帰り観光ツアー

☆キューバの通貨

 

キューバの通貨は2種類あります。
「ペソ・クバーノ=人民ペソ(CUP、MN)」=キューバ国民用通貨。
「兌換ペソ(CUC)」=外国人用通貨。

観光地などでは「兌換ペソ」、地元のお店では「人民ペソ」が使われています。
1CUC=$1で、1CUC=25CUPで両替可能です。

両替すると、なんとコーヒーやジュースが4円、サンドイッチが12円で買うことができます。
そのため、ローカルフードを試したい方にはおすすめ。

今でも人気のチェ・ゲバラが描かれた紙幣は、3CUPの価値があります。
$1=100円として12円ほどなので、お土産にもいいですね。
チェ・ゲバラに関する映画をみて、なぜ今でも彼が話になるのか、考えてみてくださいね。

☆キューバの物価

キューバの物価は、とても安いです。
地元のお店でお買い物をすると、さらに安くなります。
観光地の外国人向けのお店でも、パンなどは25円~50円、パスタは650円ほど。

さらに、ドリンクやデザート付きの料理が1700円くらいで、キューバ名物のロブスターは約1250円。
物価も高くないので、気兼ねなく楽しめます。
どの国でも同じように、お買い物の際には身の回りの持ち物には注意してくださいね。

-交通費

キューバの交通費も高くないので、移動手段や交通費には困りません。

例えば、「ビアスール」というバスを使いハバナからバラデロまで移動する場合、CUC10(1050円)ほど。
ハバナ市内での移動は、路線バスが便利です。
1乗りの料金は0.05CUC(約5円)。とても安いですよね。

-宿泊費

キューバには、ユースホステルやドミトリータイプといった格安宿泊施設はありません。
ホテルは中級以上で、最低1万円から。

しかし、キューバには一般家庭に泊まる「Casa(カサ・パルティクラル)=民泊」があります。
1泊2000円台で、なかなかできない体験ができるため人気です。

-チップ

キューバに消費税はありません。
しかし、チップはアメリカとの国交正常化と同時に入ってきているそうです。

ホテルや外国人向けレストラン、タクシーでは、1CUC(約105円)ほど。
髙くはありませんが、国交正常化で入ってきた文化なんて少し残念ですね。

さくっとツアー▶▶ハバナ旧市街をさくっと観光!2.5時間ウォーキングツアー  

-お土産

キューバのお土産店では、ハバナのフェリターミナルと鉄道の駅の間にある「サン・ホセ民芸品市場」がおすすめです。
中には、ちゃんと両替所もあります。
人気のお土産は、楽器セット6CUC(約630円)、木像や伝統工芸品3CUC(約315円)です。


   Photo Credit by @atn_cuba on Instagram

☆キューバのコンセントプラグタイプと電圧

日本から遠く離れたキューバ。そんなキューバのコンセントや電圧はどうなっているのでしょうか。

-コンセントプラグタイプ

キューバのコンセントのタイプは、A、B、C、Lタイプ。
日本のコンセントは、Aタイプなので、キューバでも使えます。
意外と便利ですね。

-電圧

キューバの電圧は110、220ボルト、周波数は60ヘルツ。

ACアダプターが、240ボルトまで対応している家電製品はキューバで使えます。
それ以外は、変圧器が必要です。

220Vの所も多くあるので、使う前によく確認しましょう。。

ヘミングウェイを楽しむ▶▶ヘミングウェイゆかりのレストランのディナー&大砲の儀式見学ツアー

☆キューバへの行き方

キューバへはメキシコ経由かカナダのトロント経由で入国できます。
トロント経由かメキシコのカンクン経由が安くておすすめ。
また、トランジットの合間に観光もできるので、楽しさ2倍です。

☆意外と治安のいいキューバ

キューバはあなたが思っているよりも安全な国です。。
アメリカ文化が入って、街並みがガラリと変わる前に訪れたいですよね。
ぜひ古き良きキューバを訪れてみてくださいね。

おすすめ観光情報もお届けするので、お楽しみに☆

チェ・ゲバラとキューバ革命についてはこちらから。
キューバのおすすめ観光スポットもご覧ください☆

ブログやノマドライフに関するご相談▶▶ブログやココナラで稼いでノマドになる方法




-海外旅行
-,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.